パソコンでファイルを扱うといった場合、普通は、一人のユーザーがそれを占有して利用する、といったあり方になっているでしょう。しかし、LANなどのネットワークを介して、サーバー上に置かれているファイルを複数のユーザーが共同して利用する、といった利用形態もあるわけで、こうした利用形態のことをファイル共有と呼んでいるわけなのです。

個人ユーザー向けではなく、チームで運用するためのものであるグループウェアと呼ばれているソフトウェアでは、このようにしてデータを共同利用する形態が当り前のものとなっているのです。

NAVERまとめ関連の情報をたくさん掲載しています。

また、多くの人が共同利用しているデータベースといったものも、典型的なデータ共有の一つであると言うことができるでしょう。


こうしたデータの共有が必要とされるのは、複数の人に共通して必要となるデータを共同利用するような場合でしょうから、会社の業務でチームを組んで仕事をしているといった場合や、全社的に必要とされているデータをデータベースとして共同利用しているような場合、ということになるわけです。

このいちばん身近な例としては、やはりチームで仕事をしている場合に、共通に利用する必要のあるデータを共有ファイルとして運用していて、チームの各人がこれを共同利用することで共同作業を行っている、といった場合でしょう。



このような場合には、データはそれを利用している全員の共有リソースとなっているわけなので、単独でファイルを利用している場合とは、また違った利用の作法といったものが必要になるわけなのです。



Copyright (C) 2015 ファイル共有とはどのようなものなのか All Rights Reserved.