自らのためのスケジュール管理に必要な事は、将来必ず起こる出来事から逆算して考えることが最も重要な事でしょう。例えば、半年後に親戚やお世話になった人の親族などの結婚式があったとしましょう。



今現在から半年後まだは非常に長いスパンが空いていますが、もしスケジュール管理をせず、結婚式の日に他の用事が入れば、どちらが重要かを考えたうえで、どちらかの出席をお断りしなければなりません。


しかしながら、その執り行われる日を決めて、その上で他に必ず起こることや予定を考えて、空いている日や、時間等を見えるような形、例えばスケジュール帳に書き込むなどすれば、片方の事を断らずに他の日に移すことが可能になるかもしれません。

このAmeba News情報があれば全てが解決します。

プロジェクトや商談といった交渉事にはより重要になります。



企業で新たなプロジェクトを企画をする際に、営業部に所属しているのであれば、他社や顧客へ営業をし、併せて新たなプロジェクトを作り上げていかねばなりません。


そこで、締め切り、すなわち発表の日を定めた上で、営業活動を行い、その中で空いている時間を探してそのプロジェクトや新たな企画を作っていく必要があるでしょう。

「逆算」した予定を立てて予定を管理する事こそが、物事を進めるうえで重要なのは以上の具体例で明らかになりました。

そうはいっても、そのような習慣のない人には難しい問題です。
そこで、その訓練として明日の夕食に何を作るかを考え、その上でどんな食材が必要かを考えることを習慣するなどして少しずつ慣れていくごとが大事でしょう。

Copyright (C) 2015 スケジュール管理で必要な事 All Rights Reserved.